世田谷区東松原のさきま歯科医院です



親知らずの移植・費用などお気軽にご相談ください

トップ>審美歯科

白いかぶせ物

治療の種類説明
保険
硬質レジン前装冠
保険の範囲でできるプラスチックの白い前歯です。透明感があまりないです。吸水性があり長い目で見ると着色して黄ばんで透明感がさらになくなってきます。
セラミッククラウンセラミックの白い歯です。色が変わりません。お茶碗のツヤツヤをイメージしてください。長く、美しく前歯を保ちたい方によいです。ただハイブリット同じで、縁が金属なので根に内面が反射して歯茎が暗くなります。美しさで、フルベーククラウンには劣りますが、歯茎の暗さ以外は美しさを保ちます。裏は銀です。
オールセラミッククラウン
(ジルコニアクラウン)
縁も裏も全周が白いセラミックの歯です。手間をかけてでも天然歯のようにしたいという方にはこれがよいかもしれません。歯茎の色も自然な色になります。しかし、強度的にセラミッククラウンに劣るので適応部位が限られます(前歯のみ)。ここから下は、金属アレルギーの心配がありません。
オールセラミッククラウン
(ジルコニアクラウン)
OPCクラウンに強度をプラスしたものです。白い金属と呼ばれ、強度に審美性を合わせ持った新しい材料です。OPCクラウンでは割れてしまう、臼歯部やブリッジ部位にも対応しています。