世田谷区東松原のさきま歯科医院です

親知らずの移植・費用などお気軽にご相談ください

トップ>部分矯正

部分矯正

部分矯正とは?

  部分矯正とは、部分的に矯正させたい歯だけを狙い、目的によって歯並びの不具合を改善する治療方法です。

ブラケットと呼ばれるワイヤーを部分的に使用したり(図右上)、
それに抵抗のある患者様は透明なマウスピース(図右下)の
装置を仕様して治していく方法もあります。

治療期間が比較的短期間で行うことが可能で、全体的に行う矯正が約2年なのに対し、部分矯正は約3~6ヶ月くらいで行うことができます(個人差はあります)。

また前歯に関しては、奥の歯と比べると矯正がしやすく、かみ合わせの調整もそれほど時間を要しませんので、思いのほか早く治療が完了します。




 

空白

部分矯正の流れ

  
検査
検査を行い、治療する前の状態を記録し、治療中の歯の矯正状態を把握するために必要です。


治療計画
実際の歯形や歯科用CTで撮影したレントゲン写真などを用いて説明します。


虫歯の治療
虫歯や歯周病、抜歯が必要な方は矯正治療をする前に治します。
また、自己で管理できるよう、歯磨きや注意事項の説明をします。


装置の装着
歯磨き指導などを受け状態が整いましたら矯正装置が入ります。
治療は個人差があり時期や装置を分けて行なうこともあります。


装置の調整
歯の移動状態に合わせ3~4週毎に矯正装置の調整をします。


定期健診
放置すると歯が元あった位置に戻ろうとする“後戻り現象がおこるので、定期的に検査を行います。
空白

症例はすべて画像をクリックすると拡大します。

  bubun2.jpg  
1.歯が奥で割れている状態。

 2.割れた歯の欠片を取り除いた
状態。
 3.歯を奥から引っ張ってきた
ところ。


    
4.より歯が奥から出てきたところ。

 5.メタルボンドポーセレンを
被せたところ。
 

空白